織田信長の死因から推測される死の真相とは?

本能寺の変で自害に追い込まれた織田信長の死の真相については、遺骸が発見されていないことから、明確な死因の特定や最期の状況も推測でしかありません。

織田信長の傍らにいた弥助などの一部の家臣らが、本能寺の変の火災の中から生還していることからも、信長の生存説も出現します。

本能寺は通常の寺院の構造とは違い、周囲を城壁を思わせる土塁や堀を備えた城の様相を呈し、火薬の貯蔵庫も存在していました。

そのため、火がかけられた本能寺の炎の勢いが強かったことが想像でき、織田信長の死の真相に多くの逸話が残されています。

本能寺の変での織田信長の死の真相は?

本能寺の変での織田信長の死の真相は、家臣が記した「信長公記」やルイス・フロイトの「日本史」、本能寺の近くの教会の神父が残した記録などの史料から読み取れます。

明智光秀が1万3000の兵で本能寺を襲撃しており、織田信長の配下には数十名の兵士しかおらず、信長自身も槍などで応戦したものの手傷を負ったことで、炎が迫る中で殿中の奥深くに篭り最期を迎えたという内容が残された史料に共通してみることができます。

本能寺には火が放たれており、織田信長が炎に焼かれたために、死体がみつかっていないというのが有力ですが、切腹が死因なのか、焼死が死因なのかはわかりません。

本能寺の変では、織田信長の家臣の一部が逃げ出せているので、信長の首級を持ち出したという可能性もあり、死の真相は闇の中といえます。

本能寺の変での織田信長に生存説があるのは?

本能寺の変での織田信長が、御殿に放たれた火によって炎に包まれながら、殿中の奥深い一室で切腹して最期を迎え、炎に焼かれて消失したとすることが史料からも自然ですが、側近の弥助の脱出や、死体が見つかっていないことで、生存説が出現しています。

織田信長の死体が発見されないことは、明智光秀と家臣団の不安感を煽ることになり、信長の強い意志の現れともいえます。

本能寺には地下通路や秘密の通路が存在しているため、脱出に使用した通路内での死亡説や、脱出して薩摩まで逃げたものの亡くなったといった説もあります。

また、京都の阿弥陀寺の清玉上人が遺体を運んだという逸話も、本能寺の地下通路などの存在によるものと考えられます。

織田信長の本能寺での死因は?死の真相は?

織田信長の本能寺での死因は、火を放たれた御殿での応戦で傷ついた信長が殿中の一室に篭り、切腹したことが死因となり、その後炎に包まれたと残された史料からは読み取れるものの、一部の家臣らが脱出していることで、一部には生存説もあります。

本能寺の死の真相については、信長の家臣が書いた「信長公記」などを中心とした史料から専門家による解釈がなされているものの、死体が発見されていないため、さまざまな憶測が生じています。