織田信長が後世に残した功績は?

織田信長といえば、今川義元の大軍を約10分の1の軍勢で倒した桶狭間の戦いをはじめ、室町幕府を滅亡に追い込み、長篠戦いで武田家を破り、石山本願寺を降伏させるといった武功による功績をあげた戦国武将です。

武功による戦績だけでなく、それまでの戦国武将による戦い方に火縄銃を取り入れるなど、戦術の進化をもたらし、新しい兵器の導入のための資金調達を可能とするための経済活性化の経済政策を施すなど、織田信長の功績は多岐にわたります。

現代においてもカリスマ的なリーダー像として織田信長が取り上げられる機会も多く、後世に残した信長の功績を紹介します。

織田信長が残した経済政策での功績は?

織田信長は、それまでの戦国武将が行なってきた領地の経済政策に、既得権益を持つ寺社勢力と対峙し、楽市楽座を実施したことが大きな功績となっています。

織田信長の合理主義による考え方では、平安時代から続く巨大荘園主として特権を振りかざす寺社勢力が一向一揆を起こし、それを沈静化するためにかかる無駄な労力を排除し、城下での自由な商取引を可能にすることで、民衆による経済活性化がはかられることを感覚的に捉えていたことは、現代にも通用する経済センスです。

単に領内で邪魔な存在であった一向一揆の原因となる元を排除しようとしただけかもしれませんが、結果的には、城下に安定した治安状況を生み出し、自由な商売によってほかの武将が得られなかった資金調達を可能とする経済状況を生み出した功績が大きいといえます。

しかも、関所を廃止したことで、人の移動が自由になり、情報の伝達やモノの流通網も発達させた功績も大きいといえます。

織田信長が後世に残した功績とは?

織田信長の合理主義がもたらした既得権益の排除のために行った楽市楽座や関所の廃止によって、城下での自由な商売が可能となり、経済が活性化された功績があげられます。

それにより、織田信長は周囲の戦国武将よりも多額の資金調達が可能となり、大量の火縄銃を準備することができ、それまでの戦さのやり方を激変させることも功績の一つです。

しかしながら、織田信長が後世に残した最も大きな功績は、室町幕府を滅亡に追い込み、天下統一をすることで戦さのない世の中を実現できる可能性を示したことにあります。

織田信長の後を引き継いだ豊臣秀吉、徳川家康、明治政府、そして昭和、平成と続く日本の最も基本となる姿を垣間見せたのが、カリスマ的なリーダーの功績として残したと考えられます。

織田信長が残した史実と功績

織田信長が明智光秀の謀反によって本能寺の変で最期を迎える49年の人生において、戦国武将としての武功だけではなく、領地領民の活性化につながる経済政策のための既得権権益の排除といった功績があげられます。

織田信長という戦国大名の合理主義や実力主義といった考え方は、後の世の中での経済活動や働き方にも影響を与えており、現代でもカリスマ的なリーダー像として影響を与えています。

史実に残された楽市楽座や関所の廃止といった断片的な政策だけではない、織田信長の天下統一という過程で残された国の在り方が、のちの世の中に残した最も大きな功績といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする