織田信長の家臣である森蘭丸との関係性は?

織田信長の家臣といえば、のちに豊臣秀吉となる羽柴秀吉、本能寺の変で謀反を起こす明智光秀、黒人の家臣である弥助など、特徴的な人物が多く存在していました。

織田信長の傍らに常に控えて、身の回りの世話をこなすなど、現在の秘書のような仕事をする小姓という立場で、もっとも有名な家臣が森蘭丸です。

森蘭丸の容姿が美しかったこともあり、織田信長の小姓というだけではなく、衆道の対象であったともいわれています。

織田信長の小姓を務め、わずか18歳で本能寺で人生の最期を迎えた森蘭丸について紹介します。

織田信長を支えた家臣団の構成は?

織田信長を支えた家臣団は、織田信長を大将として、柴田勝家などの重臣、村井貞勝の側近、五つの方面軍、小姓という職種による違いがありました。

家臣団の中で小姓と呼ばれる役目には、織田信長の身の回りの世話などの雑務をこなし、武将が必要とする事務方の仕事をこなすため、頭脳明晰で容姿端麗であることが求められました。

森蘭丸は、残された肖像画からも容姿端麗で、織田信長への忠誠心も厚く、各武将へ主君信長の意志を伝えることもあるために、政治や軍事に関する知識とコミュニケーション能力を持った家臣であることが想像できます。

戦国時代には女人禁制の場面も多く、織田信長の着替えや入浴時の世話、寝所を共にするという衆道関係も存在していたと考えられています。

森蘭丸はどんな生い立ち?どんな人?

森蘭丸は、織田信長の家臣だった森可成の三男として生まれ、正式には森成利という名前です。

森蘭丸が小姓として求められた幅広い知識と教養、作法、武芸を備えたエリートであり、織田信長に対する忠誠心と気遣いのあるコミュニケーションスキルを持っていた人物だったようです。

森蘭丸の父の森可成は宇佐山城の戦いで、石山本願寺の顕如の要請を受けた比叡山延暦寺の僧兵らが援軍に加わったことで討ち死にしています。

織田信長の比叡山延暦寺の焼き討ちには、森蘭丸と父可成の弔い合戦の意図が感じられ、信長は森蘭丸に岩村城の5万石を与えていることも因縁があります。

織田信長から城を与えられるほど信頼と寵愛を受けていた森蘭丸ですが、与えられた城に城代を置き、自らは常に信長の傍にいたようです。

織田信長が最期を迎えた本能寺の変では、明智光秀の襲撃を報告したのが森蘭丸とされ、最後まで信長の盾となり奮闘し、天野源右衛門によって討ち取られています。

織田信長と森蘭丸の主従関係には衆道関係も?

織田信長が常に傍に置き信頼と寵愛を与えた家臣とされる森蘭丸は、織田家家臣団の中で小姓と呼ばれる信長の秘書的な役割をこなした若武者でした。

織田信長と森蘭丸には、武将と小姓という関係と共に、衆道関係があったといわれ、その主従関係は密な信頼関係が構築されていたと考えられます。

織田信長と運命を共にした森蘭丸は、わずか18歳という若さで明智光秀の本能寺の変において、その生涯を閉じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする