織田信長に感じられるカリスマ性とは?

現代でも人気のある戦国武将として選ばれる織田信長には、他の武将にはないカリスマ性と時代の先見性を感じさせる戦略があるためかもしれません。

織田信長は、織田信秀の嫡男として生まれ、家督相続の後の尾張を統一するのに約8年を要し、その後「天下布武」を掲げて戦さのない世の中を目指していく中で、城下の経済状況の活性化をはかりながら、家臣の実力や結果に基づいた評価を下した人材登用の方法には、現代でも通用する手法が隠されています。

歴史の教科書に登場する織田信長の行った楽市楽座や兵農分離といった家臣団の組織、安土城の一般公開による拝観料の徴収など、それまでの常識にとらわれない思考の持ち主だったと推測できます。

戦国武将として未来を見据え、天下布武のために奮闘した織田信長がもっていた家臣を従わせるカリスマ性について、紹介します。

織田信長のリーダーとしてのカリスマ性には?

織田信長のリーダーとしてのカリスマ性には、幼少期から青年期にかけての気性の荒さを持ちつつも、当時の戦国武将の家に生まれ育ちながらも、一般庶民とも隔たりなく遊び、自分の価値観での判断を積み重ねた結果といえます。

戦国時代の一般的な常識的な服装ではない湯帷子を着崩し、腰縄に瓢箪や刀を差し、頭は茶筅のように逆立てた武将とは思えない格好をしながら、父信秀の葬儀の際には、弟信勝とはまるで違う常識外れな行動にでて、「尾張の大うつけ」の異名を尾張の内外に知らしめることとなっても、家督相続後の武将としての判断には筋を通しています。

織田家の家督争いにおいて、度重なる弟信勝の謀反にも寛容に許しながらも、出兵という限度を超えた行動には厳格な対応をみせながらも、家臣柴田勝家に厳罰を下さなかったことも武将としての器の大きさを家臣に見せつけることになり、カリスマ性を高めたといえます。

織田信長が尾張の国の領主としてみせた経済政策

織田信長が尾張国の領主となり、それまでの寺社勢力との既得権益であった座による商売などを排除した楽市楽座によって、城下で自由な商売を可能にして、経済を活性化します。

城下への自由な人の流れを生み出し、城下での自由な商売を可能にすることで、経済が活性化され、資金調達が容易になることを、父信秀の英才教育の結果からか、他の武将とは違う経済観念を有していたといえます。

そのため、他の戦国武将とは違い、当時として高価な火縄銃を数千丁準備することができ、それまでの刀や薙刀、弓といった戦術とは違う鉄砲隊を組織した新しい時代の戦術を取り入れ、家臣に新しい戦術を目の前にみせます。

それまでの常識や価値観にこだわらない判断や、新しいものを取り入れ効率的に結果を出すことで、家臣たちの信頼を得てカリスマ性を高めたと考えられます。

織田信長の戦国武将としてのカリスマ性

織田信長の戦国武将としてのカリスマ性には、幼少期から青年期にかけての庶民との隔たりのない遊びや付き合い方ができる器の大きさを生来の気質としてもち、常識にとらわれない合理主義の考え方の持ち主でした。

戦国時代の常識では考えられないアイデアで、経済を中心とした判断をし、有無を言わせず家臣を従わせる強引さの反面、家臣を従わせるカリスマ性も持ち合わせていました。

織田信長の戦国武将としてのカリスマ性は、生来持ち合わせた気質に加え、味方となるべき人間に対する対応を合理的な判断に基づき、適切に対処したためかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする