織田信長に影響を与えた人物と後世に与えた影響とは?

日本人の好きな戦国武将として必ず名前が登場する織田信長ですが、そのカリスマ性と残された史実から読み取れる未来志向を思わせる戦略が人気のように思われます。

テレビドラマや映画に描かれる織田信長は、自分勝手で傲慢で、家臣に平気で無理難題を課し、その功績による評価は明確でワンマンな人物像が一般的です。

織田信長が取り入れた火縄銃による戦術や、安土城の拝観料をとって公開したり、楽市楽座による商売の場を作るなど、斬新なアイデアで各方面に影響を与えています。

そんな織田信長に影響を与えたとされる人物や、織田信長が戦国時代以降に影響を与えたことを紹介します。

織田信長に影響を与えた人物とは?

織田信長に影響を与えた人物は、正室に迎えた濃姫の父親である斎藤道三の思想に影響を受けていたと考えられます。

超合理主義だった織田信長が、斎藤道三と子供が争う織田の領地ではない小競り合いの際に、斎藤道三の援軍を送ろうとしており、実際には間に合わず派兵することはなかったものの、両者の関係性をはかる歴史上の史実と解釈できます。

織田信長が美濃を奪取し、稲葉山城を岐阜城と改名した頃から「天下布武」という印章を用いており、楽市楽座や関所の廃止などのアイデアも、斎藤道三がそのきっかけを生み、織田信長が具現化したとも考えられます。

織田信長が後世に与えた影響は?

現代でも織田信長のファンが多いことでも、その影響の大きさを感じられますが、戦国武将として長篠の戦いで起用した鉄砲隊は、その後の日本の戦争手法に多大なる影響を与えます。

海外に関心を持っていた織田信長は、当時の最新武器である鉄砲を自軍に1000丁以上を揃え、その実戦使用法にも独自の工夫を加え、一斉射撃はもちろん、一説には三段撃ちも導入したとも言われています。

織田信長は、自身の家来との雇用に実力主義を取り入れ、家柄などによる出世ではなく領地や報酬を与え、戦に参加する兵と国力を上げるための農業に従事する役割を分担することで、戦国時代に適した強い軍勢を作り上げ、現代でも通用する合理性を追求しています。

商業の面においても、有名な楽市楽座の導入で自由な取引ができるようにしたり、安土城を観光名所とする現代での観光業の始まりともいえる影響を残しています。

織田信長に影響を与えた人物と後世への影響

織田信長の超合理主義的な考え方は本来の資質に基づいたものかもしれませんが、楽市楽座や関所の廃止などの思想は、義理の父親である斎藤道三の影響が大きいと考えられます。

織田信長が統治する領地内での家臣たちの兵農分離や、実力主義による人材の登用、鉄砲の導入による戦術の進化など、さまざまなアイデアを取り入れることで、それまでにはなかった新たな仕組みと方法を革新しています。

残された史実からも、織田信長の先進性は後世に多大な影響を与えていることがわかり、現代でも織田信長のファンが多く存在しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする