織田信長の石高は、他の武将と比べてどの程度だったの?

戦国大名の経済力、軍事力をはかるための石高は、豊臣秀吉によって太閤検地が行われる前の判断は難しいのが実情です。

豊臣秀吉が租税賦課の基礎条件の明確化のた

めに、検地が行われ、貢租収納枡の単位を統一することで、各大名の石高を正確に比較できるようにしています。

しかしながら、現地の実測をせずに従来の貫高を換算した石直しにとどまる場合もあり、秀吉以前の戦国武将たちの石高も推測は可能です。

戦国大名のなかでも、楽市楽座などの経済政策を講じた織田信長の石高と周辺の武将たちの石高などを紹介します。

織田信長の石高は、どの程度と推測されるのか?

石高は、土地の米穀の収穫量を表し、戦国武将が治める土地の生産性を石という単位で表しています。

豊臣秀吉が太閤検地を行う以前の戦国武将たちの石高は、占有していた領地面積などをもとに推測するしかなく、戦国大名の動員兵力は1万石で250人程度といわれていたことなども加えると、以下のような石高と最大動員兵力が推定できます。

織田信長が700万石で17万5000人、豊臣秀吉が700万石で17万5000人、徳川家康が400万石で10万人、武田信玄が130万石で3万2500人、上杉謙信が145万石で3万6250人といった石高と動員兵力が推定されます。

織田信長が信秀から家督を引き継ぎ、尾張を統一するまでに約8年を要し、石高をあげるための組織編成や楽市楽座などの経済政策による経済の活性化で、使える資金量は他の武将達よりも多かったと考えられます。

織田信長はいかにして石高を向上させたのか?

戦国時代の武将たちの戦さに駆り出される家臣の多くは、荘園領主のもとで平時は百姓として農作業をする地侍が多く、農繁期に戦さに出てしまえば石高を減少させてしまいます。

そのため、領地内で一揆が蜂起され、それを鎮圧するための兵を対応させ、石高を下げてしまうという悪循環が生まれるため、織田信長は、戦さに出陣する家臣と石高をあげるための家臣を分けることで、土地の生産性を落とすことなく家臣への俸給を確保します。

しかも、既得権益を排除し、城内に住む誰もが自由に商売ができ、自由に行き来ができるように、楽市楽座と関所の廃止を行なっています。

これにより、織田信長の石高は維持されたまま、楽市楽座によって市場に流入する貨幣量は増加し、軍備にまわす資金調達が他の武将たちよりも潤沢にあったと考えられます。

その結果、資金力にモノを言わせるかの如く、高価な火縄銃や騎馬隊を相当数準備することができ、周囲の武将たちとは違う戦術を可能にしたといえます。

織田信長の石高は、組織改革によってなされた?

戦国武将たちの経済力をはかる指標となる石高は、支配下におく領地の土地の米穀の生産量によって示され、石高が大きいほど多くの家臣を抱えることができ、動員できる兵力も巨大にできます。

推定される石高は、織田信長と豊臣秀吉が同程度の700万石とされ、徳川家康の400万石や武田や上杉の140万石よりは多くなっています。

織田信長が領地での石高を向上させるために、家臣を戦さに駆り出す者と農業に専業する家臣に分け、農繁期であっても家臣を戦さと農作業のいずれも滞らせることがない体制を作っています。

織田信長の石高は、家臣を合理的な組織体系で管理したことで、他の武将たちとは異なる領地運営が可能となったと考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする