織田信長とお市の方との関係

戦国時代の三英傑の一人である織田信長とお市は、美男美女の兄妹といわれ、二人とも激動の人生を送っています。

織田信長とお市の方は、一般的には兄妹あるいは異母兄妹とされ、美人薄命の言葉のように悲劇的な最期を遂げています。

豊臣秀吉が最も憧れた女性として大河ドラマや映画などにも描かれ、美男だったといわれる信長とともに美形の兄妹だったといわれています。

織田信長の意向を受け、浅井長政の妻として嫁いだお市の方は、織田家と浅井家の同盟関係での政略結婚だったとは思えないほどの夫婦関係を築きます。

織田信長とお市の方の関係とそれにまつわって起きた出来事などを紹介します。

織田信長とお市の方との関係

一般的には、織田信長とお市の関係は土田御前が生んだ兄妹であり、もしくはお市が側室の子である異母兄妹と解釈されています。

その一方で、二人の関係について、江戸時代の「織田系図」によれば、お市は信長の従兄弟の娘と記録されており、「以貴小伝」によれば従姉妹を妹として浅井家に嫁がせたと記されています。

戦国時代においては、女性の存在が重要視されておらず、家系図への記載に明確なものが確認できず、そのため、織田信長とお市の関係にはさまざまな説があがっています。

今後、決定的な史料や記録が発見されれば、通説とは違う二人の関係性が提示されるかもしれません。

織田信長とお市の関係から生じた運命

織田信長と浅井長政の同盟関係から、お市は浅井長政の正室として嫁ぎ、三人の娘をもうけます。

織田信長の朝倉攻めにおいて、浅井長政の裏切りにより信長の敗走となり、その後の姉川の戦いにつながります。

古谷城の戦いで浅井長政が追い込まれた際、織田信長はお市の方と三人の娘を救出しており、信長の兄、織田信包の保護を受けて平穏に暮らしていたが、信長の死後柴田勝家と再婚し、北ノ庄城に三人の娘とともに入ります。

お市と三人の娘は、織田信長によってその運命が左右され、最期は羽柴秀吉による柴田家が賤ケ岳の戦いで敗れ、柴田勝家とお市の方は自害し運命をともにします。

織田信長によって翻弄されたお市の運命?

織田信長とお市の関係は、一般的には美男美女の兄妹、あるいは異母兄妹とされていますが、「織田系図」や「以貴小伝」などでは、二人の関係が従兄弟の娘や従姉妹などの記載があり、明確なことはわかっていないというのが真実のようです。

お市の方は、戦国時代の女性の宿命のように嫁いだ武将の運命に左右された人生を送り、最期は柴田勝家と共に自害します。

古谷城の戦いに敗れた浅井長政の元にいたお市と三人の娘を救出したのちに、織田信長と兄が面倒をみたことは、戦国武将としての判断は分かれるものの、関係性の強さを感じさせる史実として残っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする