織田信長の江戸幕府政権下での評価

天下統一を目前にして本能寺の変で野望をたたれた織田信長のイメージは、江戸、明治から昭和、そして現代において違いがあります。

織田信長の2代目は織田秀信は、豊臣秀吉によってわずか3歳の時に家督を相続した人物で、関ヶ原の戦いで負け武将となり高野山に送られます。

その後、江戸幕府政権下になると織田秀信は高野山を下り、26歳で死亡しており、その死因は自殺か病死のいずれかとされています。

織田信長の江戸幕府政権下での評価や、子孫達の動向などを紹介します。

織田信長の江戸時代での評価は?

歴史上の人物の評価は、評価する時代の環境や時代感覚によってもその判断は変わり、織田信長についてもその時代によって違いがあります。

戦国武将の中でもファンが多く、リーダーとしてのカリスマ性が強調され、超合理主義から生まれた思考や経済の仕組みの構築など、さまざまな分野での評価も高いものがあります。

しかしながら、江戸時代においての織田信長の評価は、徳川家康を別格に、最も出世した豊臣秀吉についで3番手だったと考えられます。

江戸幕府での織田信長の認知度は、現代のように情報が庶民にまで共有されておらず、新井白石などの学者によれば、織田信長の能力や人格まで批判されています。

織田信長の子孫の江戸時代での状況は?

織田信長が本能寺の変で自害に追い込まれた後、二代目の織田信秀は豊臣秀吉によって3歳で家督を相続しますが、関ヶ原の戦いで西軍に従ったために敗戦武将となり、高野山に送られ、26歳で死亡します。

織田信長の曾孫である水野成之も、織田信長の気性の荒さを引き継いだように、素行の悪さを持った旗本奴の一人として有名な人物の一人です。

また、織田和泉という人物は、勘定奉行をしていたこともあり、坂本龍馬の暗殺を裏で操ったという噂があり、坂本竜馬が明智光秀の子孫ではないかという話から復讐の可能性も存在しています。

織田信長が戦国時代で有名な武将であったように、その子孫達も江戸幕府政権下でもそれぞれに活躍しており、現代でも織田信長の子孫がちらほらメディアを賑わせています。

織田信長の時代による評価の変化と子孫達

歴史上の人物は、その時代感覚によって評価が変わり、現代で人気の高い織田信長も、江戸幕府政権下での認知度や評価は、現在とは違います。

江戸幕府においての戦国武将の評価は、徳川家康を別格扱いに、最も出世した豊臣秀吉、本能寺の変で自害した織田信長が三番手で、一般庶民にはそれほど認知されていなかったと思われます。

織田信長の子孫である織田信秀、水野成之、織田和泉といった人物達が江戸幕府政権下でそれぞれに活躍していて、現在でも家督を継いだ人物達がさまざまに活躍しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする