織田信長の先祖とルーツについて

この世に生を受けた人それぞれに先祖が存在していて、メディアに取り上げられる有名人の中には、有名な戦国武将の末裔だったなどと話題になることもあります。

フィギュアスケートで有名な織田信成さんもその一人で、先祖が織田信長であると公表したことで、一時話題になりました。

織田信長は、子沢山の戦国武将の一人であったために、織田の姓をもった子孫やそのほかの子孫も多く存在しています。

逆に、織田信長を生んだ先祖が、どういった人たちであったのかについては、あまり知られておらず、信長のルーツを紹介します。

織田信長の先祖は?出自には?

織田信長の先祖は、越前国の二宮にある織田劔神社の神主といわれ、本姓は藤原氏とされています。

家系図では、平資盛の子供と名乗る平親真の子孫とされていますが、平親真を供養した五輪塔には亡くなった日付が刻まれているものの、残された文献などから100歳を超えると推定され、信ぴょう性に疑いが持たれますが、真実はわかりません。

また、一説では、敦賀郡の豪族だった藤原有仁の系統とされる藤原信昌、藤原兵庫助将広の父子が越前織田家の先祖に関連しているともいわれています。

織田信長が熱田神宮で自らを「藤原信長」としていたという記述が「加藤文書」にもあり、熱田神宮に寄進した菅原道真画像の絵巻にも藤原織田信長と記されています。

織田信長の先祖を裏付ける史料には?

織田信長の先祖が、織田劔神社の神主で藤原を本姓としていたことは、劔神社に残された願文や置文から推定されています。

織田劔神社にある「藤原信昌、兵庫助弘置文」の古文書の記載や、前述の熱田神宮に寄進された絵巻などの残された記録や「加藤文書」から、複数の研究家による解釈がなされています。

そのため、織田信長の先祖には、平氏や藤原氏、忌部氏などの複数の説が登場しており、家系図や家紋、関連する史料の解釈による違いをみせています。

家系を遡ることが現代でも難しく、400年以上も前の織田信長の先祖を明らかにすることの難しさを表しています。

織田信長の先祖は、神主だった?

戦国時代の織田信長の先祖は、織田家の家紋が織田劔神社のものと同一であることなどからも、越前国にある神社の神主であったとされ、本姓は藤原氏だったと考えられています。

織田劔神社に残された史料や石碑などに刻まれた文言、織田家家系図、関係者が残した文書などから、複数の研究家たちによって、さまざまな検証と解釈が行われています。

織田信長の先祖に対する明確な回答は、今後新たな史料の発見や解釈の検証が行われることで、新たな事実が発見されるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする