織田信長がおこなった経済政策とは?

織田信長は、曖昧な慣習やしきたりを嫌い、新しいものへの好奇心が強かったという人物像のイメージがあり、同時期の武将とは違った感性を持っていたと想像できます。

戦国時代の武将や刀や槍、騎馬武者を中心として戦いの方法に、火縄銃という新たな兵器をいち早く導入しています。

新たな兵器の導入には、大量の資金が必要となり、その資金を用意できたのには、織田信長がおこなった経済政策が可能にしていたと考えられます。

戦国時代のほかの武将とは違った織田信長の取り入れた経済政策を紹介します。

織田信長が必要とした経済政策の社会状況は?

織田信長がおこなった有名な経済政策には、楽市楽座や関所の廃止などが歴史の教科書にも登場します。

戦国時代の多くの有力大名の領地において、地侍が農作業に時間を必要とし収入が得られず、戦さにも参加できない状況となると焼き討ちを仕掛け、民衆からの略奪行為が頻発し、それにより一向一揆が蜂起され、沈静化するための労力が必要とされる悪循環が繰り返されていました。

そのため、戦国武将の財力である石高の増加をはかることができず、領地内の商業での資金の流れも滞りがちとなっていました。

織田信長がおこなった経済政策には、領地内の人と物の流通が自由にできることで、民衆が豊かになるための方法が盛り込まれています。

織田信長がおこなった二つの経済政策

織田信長がおこなった楽市楽座は、それまで朝廷や公家、あるいは寺社勢力と結託しなければ経済活動に参加できない座の特権を無効にし、城下の誰もが市で制限された経済活動ができるようにする経済政策です。

楽市楽座により、城下に住む民であれば、誰でも自由に商品経済活動に参加することが可能となり、経済が活性化されるわけです。

それにより、ほかの武将達よりも織田信長の資金調達能力は格段に向上し、高価な鉄砲の大量購入も可能だったと考えられ、軍事力の強化にもつながっています。

しかも、人の行き来が自由にできることで、情報や物資の流通の効率化がはかられるように、関所を廃止したことも、重要な経済政策といえます。

織田信長がおこなった楽市楽座や関所の廃止などの経済政策は、城下の経済活性化がはかられたと同時に、城下の治安向上にもつながったと考えられます。

織田信長の既得権益を排除した経済政策の効果?

戦国時代には、領地内で焼き討ちを行って民衆からの略奪行為が頻発することで、一向一揆が蜂起され、沈静化するための労力が必要とされる悪循環が続いていました。

織田信長は、この悪循環を断ち切るために、戦さに駆り出される兵士と石高をあげる地侍を雇い入れることで、焼き討ち行為を禁じ、農繁期でも出陣が可能な体制をつくります。

織田信長は、領地内での物や人の行き来を自由にすることで経済が活性化すると考え、関所を撤廃し、モノの取引を自由にできる楽市楽座の制度を導入しています。

織田信長がおこなった経済政策には、それまでの既得権益を排除し、合理的な経済活動が可能となることで、民衆の経済状況が活性化すると同時に、資金調達が可能にでき、周囲の武将達よりも強力な軍事力を有することにつながっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする