織田信長が生まれた年は?生まれた場所は?

戦国時代の名古屋にゆかりがあり天下統一に動いた人物に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑があげられ、さまざまな資料が残されています。

これまでに映画やドラマで複数の俳優が複数の作品で演じられていますが、織田信長の生まれた年はともかく、生まれた場所については確定されておらず、長年注目を集めています。

織田信長の生まれた年は1534年の5月から6月頃とされ、織田信秀と土田御前との間に嫡男として生まれていて、生まれた場所については那古野城が通説となっていますが、他の場所の可能性も指摘されています。

織田信長の生まれた場所の諸説について紹介します。

織田信長生まれた年は?

織田信長が生まれた年から家督を継いだ時点での尾張国内には複数の勢力があり、織田家領地の北には斎藤道三、東には今川家があり、運命とはいえ良い年回りとはいえません。

また、生まれた日については明確にされておらず、今のところ6月ごろとされています。

名古屋城内にある那古野城跡の立て札には、織田信秀が今川氏から奪い居城とした年は1538年とされ、名古屋城の公式サイトには1532年と記述されています。

これらにある年は、織田信長が生まれた年の前後となり、生まれた場所が通説とは違う可能性を秘めており、これまで論争が続いています。

織田信長が生まれた場所には?

織田信長が生まれた場所には、これまで名古屋城内にある那古野城とされていますが、もう一つの候補地として勝幡城があり、那古野城から約15キロほど離れた安西市と稲沢市にまたがる場所にあります。

勝幡城は、織田信長の祖父織田信定が築城した城であり、言継卿記に織田信長が生まれた場所として記述があり、論争の根拠となっています。

織田信長が生まれた場所の論争を解き明かす資料として、尾州古城志に「1534年に勝幡城で織田信長が生まれた」と明記され、これまでの通説が崩される資料として注目されています。

これにより、安西市にとっては町おこしの起爆剤として利用が期待され、今後の織田信長に関する研究にも期待が持たれています。

織田信長の生まれた年と生まれた場所の論争

織田信長が生まれた年は1534年とされ、その日付については生まれた場所と同様に諸説があります。

これまで、織田信長が生まれた場所は、名古屋城内にある那古野城が通説でしたが、言継卿記の記述により、勝幡城が誕生地である可能性が強くなり、今後の研究が期待され、地元では町おこしの起爆剤として期待が持たれています。